RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
--
>>
<<
--

尾花沢市歴史散歩の会

URLは
http://basho-okunohosomichi.net
<< 河北新報 かほピョンくらぶの旅を案内しました。 | main | 平成24年1月30日(月)宮城県大崎市「おもてなし研修会(講演会)」 >>
平成23年12月21日〜22日酒田・象潟・鼠ヶ関ローカル線の旅
 

「ローカル線」で秋田県にかほ市象潟と鼠ヶ関への旅を「おくのほそ道」専門ガイド勝村文直、太田美行が研修しました。

旅のスタイルが団体旅行から個人で歩く旅へと変化しています。本来、「おくのほそ道」の旅は、歩く旅です。

尾花沢をバスで出発し、大石田で奥羽本線に乗り、新庄で陸羽西線に乗り換えて酒田に着きました。

酒田駅から徒歩で、芭蕉が泊った不玉亭跡、安種亭寺嶋彦助宅跡、近江屋三郎兵衛玉志宅跡を尋ねました。酒田駅にもどり羽越線に乗りかえ象潟へ向かった。車窓から見える雪の鳥海山が美しい。
象潟橋からの鳥海山

象潟では徒歩で蚶満寺へ行き『おくのほそ道』本文を朗読し、象潟橋、熊野神社、今野又左衛門宅跡、嘉兵衛の家跡、能登屋跡、佐々木孫左衛門跡をまわった。雪のためか観光客が少なく、ゆっくり歩く旅にはよかった。

駅の案内所で聞いた、昼食の魚料理店「・・・」(てんてんてん)は浜辺の街の店らしくよかった。
蚶満寺の芭蕉像

象潟から羽越本線で鶴岡から鼠ヶ関に行き徒歩で、古代の鼠ヶ関址、念珠の松公園、近世念珠関址をまわり、現地で『おくのほそ道』を朗読しました。

その後、弁天島、厳島神社、義経上陸の地を歩いた。

芭蕉や義経も歩いたところだと思うと歩くのが楽しくなります。次にあつみ温泉駅に移動し浜温海の芭蕉が泊った鈴木所左衛門宅跡を訪れました。

冬の日本海は人が少ないので景色も「おくのほそ道」も独り占めの旅ができました。
不玉亭跡

| - | 11:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://blog.basho-okunohosomichi.net/trackback/55