RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

尾花沢市歴史散歩の会

URLは
http://basho-okunohosomichi.net
<< 平成23年11月7日一関市 関が丘コミュニティーセンターさんをガイドしました。 | main | 平成23年12月21日〜22日酒田・象潟・鼠ヶ関ローカル線の旅 >>
河北新報 かほピョンくらぶの旅を案内しました。
 

河北新報の「かほピョンくらぶ」企画の旅「おくのほそ道・松尾芭蕉の足跡と美味探訪・温泉くつろぎの旅」で、宮城県各地からご参加の41名様を「おくのほそ道」専門ガイドの勝村文直と太田美行が案内しました。

仙台駅からバスに乗り、「あ・ら・伊達な道の駅」に寄り、山形県へ。尿前の関、封人の家、山刀伐峠と「おくのほそ道」をたどりました。鳴子温泉を通り尿前の関で義経伝説を案内し、「おくのほそ道」尿前の関を皆で朗読しました。次に芭蕉が宿泊したとされる封人の家を見学しました。山刀伐峠では「おくのほそ道」山刀伐峠越えを皆で朗読しました。

この日は、雪のバス旅行になりました。「雪をながむる尾花沢」の景色を楽しみ、昼食は明友庵の「芭蕉御膳」でした。昼食後、芭蕉が宿泊した養泉寺、芭蕉・清風歴史資料館を見学し、皆で「おくのほそ道」尾花沢を朗読しました。そして、大石田名物の「千本だんご」を食べ、最上川を眺めながら皆で「おくのほそ道」大石田を朗読しました。

あったまりランド深堀で、名産の山芋「じねんじょ」の試食と即売会があり、温泉で温まり、道の駅「ねまる」でお買い物し帰路につきました。

参加者は「学生時代を思い出してよかった」といっていました。皆で現地に立ち「おくのほそ道」を朗読したことが思い出に残ったようです。


昼食会場の明友庵で、西塚社長から歓迎のあいさつをいただきました。

| - | 13:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://blog.basho-okunohosomichi.net/trackback/57