RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

尾花沢市歴史散歩の会

URLは
http://basho-okunohosomichi.net
<< 平成23年12月21日〜22日酒田・象潟・鼠ヶ関ローカル線の旅 | main |
平成24年1月30日(月)宮城県大崎市「おもてなし研修会(講演会)」
 


平成24年1月30日(月)、宮城県大崎市大崎合同庁舎大会議室で、仙台・宮城観光キャンペーン推進協議会県北地域部主催で「おもてなし研修会(講演会)」がおこなわれました。尾花沢市歴史散歩の会西塚義治事務局長、「おくのほそ道」専門ガイド勝村文直、早坂和雄、太田美行が出席しました。

来年4月〜6月に実施される大型観光宣伝、デスティネーションキャンペーン(DC)で、「おくのほそ道」をテーマに誘客を目指す「おもてなし研修会」には、150名ほどが参加しました。

東北観光推進機構「おくのほそ道」研究会座長 梅津 保一講師は「俳聖松尾芭蕉がたどった『おくのほそ道』と郷土」の演題で、平泉の歴史、義経伝説と平泉から尾花沢へ芭蕉が歩いたルートを紹介され、広域的な観光について講演された。

事例発表として最上町役場交流促進課交流観光係長 伊藤 和久氏の「おくのほそ道を活かした地域づくり」と、平泉町観光商工課長千葉 多喜男氏の「世界遺産登録後の観光振興の取り組み」についての発表があり、質疑応答が活発におこなわれました。

開催担当者は、いい講演会でスタートが切れたので、今後も目標を見失わずに、「おくのほそ道」の観光振興に取り組んでいきたいと述べていました。

研修会は3月までさらに2回開催され、中尊寺から岩出山まで芭蕉が通ったルートをたどる現地研修も行われます。

| - | 13:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://blog.basho-okunohosomichi.net/trackback/60